どうも!おいちゃんです^ ^

我が子(モンスター)がようやくようやくストライダーを自ら興味を示してくれたので報告いたす

前回の記事から月日は経っておりませんが、本日急にモンスターが成長を見せた

ストライダーは突然に

ラブストーリーではないが、ストライダーを突然指差すモンスター!

念願のモンスター自らストライダーに興味を示した

疑い深いおいちゃんは、もう一度だけ彼にたずねた・・・

おいちゃんおいちゃん

これ?乗るの?

モンスターモンスター

うん!

うっそ!間違いではなかった

感動するおいちゃんは、その思いをぐっとこらえモンスターをサドルに

最初は両手でハンドルをサポートして

「いっちにーいっちにー」

少しバランスは悪いが、おいちゃんなしでも乗れるのでは?

おいちゃんは覚悟を決めた!

モンスターが、旅立つ時や!

頑張れ!行けーーーーーー!

「ガシャーーーーーン!」

おいちゃんおいちゃん

うっ

モンスターモンスター

うわぁーーーーーーん!マーマーーーー!

おいちゃんおいちゃん

うっ

ゆっきーなゆっきーな

もーーー調子のりすぎ( *`ω´)

2度目の挑戦

諦めの悪いおいちゃんは反省して、トイレで作戦を立て直した

脳なしの頭でようやく考えついたことが

サドルが高いのではないか?

モンスターは乗った時に足の底が両足はついていない事に気がついた

片足のみ地面について片足は爪先、これを交互に繰り返しストライダーに乗っていた

おいちゃんはサドルをベッタベタに下げた

モンスターも泣き止み仲直りできたので再びストライダーに乗車させた

最初はお決まりの

「いっちにーいっちにー」作戦だ

ん!?やはり!

1回目に比べて、おいちゃんの支える力が弱くなっている!

いける!

確信したおいちゃんは、ゆっきーなの激怒とモンスターの悲鳴を覚悟し再び手を放してみた・・・

なんという事でしょう!(ビフォーアフターの曲流れてます)

キャッキャゆうて一人で乗り回すじゃありませんか!

以前とくらべ安定した走りをみせるモンスター!

あまりの楽しそうな姿に

サドルの匠「おいちゃん」も感極まりました

最後にはモンスターの得意の決めポーズも頂けて満足の一日でした

モンスターに「いいね!」頂けました

何よりも貴重な1日の貴重な一票ありがとう!

おいちゃんは幸せ者でございました

おわりっ( ^_^)/~~~